• Home
  • PTA安全互助会

秋田県PTA安全互助会補償制度のご案内

概要

日本健康センター(旧称;学校安全会)の「学校の管理下外」の事故を補うことやPTA会員の活動中の事故を補償することを目的として8年間の試行期間を経て昭和54年に創立しました。児童・生徒および保護者・教師の安全確保と万一の場合の補償体制を順次整えてきました。そして「会員とその子どもの相互互助の精神高揚」と「安全教育の推進」を柱として県内全Pの参加をめざして活動をしています。なお、個人ではなく学校(単位PTA)単位で、一括加入することに特徴があります。

補償等

学校管理下外・PTA活動で被った

  1. 児童・生徒と、PTA会員の傷害の補償
  2. 法的な責任を負ったいわゆる賠償の補償

の2種類があります。次の「(1)、(2)」は傷害の補償例で「(3)、(4)」は賠償の補償例となります。

(1)小・中学校の児童・生徒が学校管理下外に被った傷害
家庭内でのケガ、路上で遊んでいるときのケガ、友だち同志でのスポーツ中のケガなど児童・生徒が学校管理下外で被った傷害に対しての補償です。登校・下校中の事故も補償します。
(2)PTA会員および児童・生徒がPTAの主催・共催する行事に参加して被った傷害
PTA会員および児童・生徒が、所属PTAの催すバレーボール大会や労力奉仕活動・研修会等の行事参加中に被った傷害に対しての補償です。行事会場と自宅との通常の経路の往復途上も含みます。
(3)PTA主催行事の管理責任による賠償事故
たとえば、単位PTAが自ら主催した諸行事で、事故により他人の身体や物品に損害を与えPTAが管理責任を問われ、被害者に損害賠償をしなければならない場合、その損害賠償金などを本補償制度で給付するものです。
(4)児童・生徒が被る賠償事故
児童・生徒が他人の身体や物に損害を与え、法的な責任を負った場合にその賠償を補償するものです。ただし、相手にも過失がある時は当該児童・生徒の過失分についてのみの補償となります。

事務取扱書類について

Ⅰ 傷害事故が発生したら

  1. 学校へ報告
    「FAX傷害事故報告書」作成
  2. 「FAX傷害事故報告書」を安全互助会へ送付
    送付先 FAX 018-824-7935
        TEL 018-824-7938
  3. 全治後、次の保険金請求書により日新火災へ直接請求する
    「請求書1 児童・生徒用 保険金請求書」+添付書類
    「請求書2 PTA会員用 保険金請求書」+添付書類
    「請求書3 児童・生徒・PTA表示参加中用 保険金請求書」+添付書類
    添付書類とは次のとおりです。
      請求金額が10万円以下の場合 「申告書」
      請求金額が10万円超の場合 「診断書」
  4. 後遺障害がある場合及び死亡の場合は、安全互助会にご連絡下さい。
  5. 保険金額が確定後、保険請求書に記載された指定口座へ払い込みとなる。

Ⅱ 賠償事故が発生したら

  1. 学校へ連絡
    「児童・生徒賠償事故状況報告書」作成
  2. 「児童・生徒賠償事故状況報告書」を安全互助会へ送付
  3. 賠償額確定後(示談成立後)次の書類により請求してください。
    「(児童・生徒賠償用)保険金請求書」+添付書類
    「免責証書(承諾書)」
    添付書類とは次の通りです。
      ① 写真       (物損事故の場合、修理する前の写真;必須)
      ② 事故証明書    (所轄官公署発行の証明書)
      ③ 損害を立証する書類(修理見積書、診断書等)

様式

平成26年度児童・生徒・PTA総合補償保険のご案内

平成26年度児童・生徒・PTA総合補償保険

NH1401 0007